ソコアゲ

MESSAGE 応戦メッセージ

東北芸術工科大学
コミュニティデザイン学科准教授
岡崎 エミ

「楽しい!」「ワクワク」。これが、高校生がNPO法人底上げのプログラムに参加する理由であり、続ける理由だと思います。とかく地域づくりは、「~ねばならない」という義務感が先に立ちがちです。しかし、本来「人のために役に立てる」ということは、自分もみんなも幸福度が増す行為。それを軽々とやって見せ、あっという間に高校生を巻き込んでいく底上げの凄さに、驚きとともに感謝しています。底上げに育てていただき、本学に進学した学生は、今もなお高校時代に得た、熱い魂を持ち続け学んでいます。こうした若者が東北から生まれ、東北から日本を変えていく。ぜひ一緒に頑張っていきましょう!

宮城県立志津川高校校長 山内 松吾

NPO法人「底上げ」の皆様には、本校生徒の放課後学習見守りや、大学進学相談、進学校外学習支援活動など、丁寧で思いやり深い御支援をいただいております。本校は、被災地南三陸町に建つ唯一の県立高等学校として、「明日につながる希望の架け橋」を合い言葉に、震災復興・地方創生に貢献できる人材の育成に全力を注いでいます。「底上げ」が南三陸で活動を開始してから、生徒の笑顔がますます輝いて見えるようになりました。これからも、御支援よろしくお願いします。

株式会社男山本店 代表取締役 菅原 昭彦

底上げと関わった高校生たちはそれなりに問題意識をきちんと持つようになったと思う。
社会の課題、地域の課題に対して自分たちでどう取り組んでいったらよいか、もしくは底上げに教わったスキルをもってどうやって課題解決していったらよいかすごい意識してやるようになったんじゃないでしょうか。

一般社団法人イトナブ石巻 古山 隆幸

若者たち本音引出レンジャ「底上げ」の皆様
若者たちは大人たちが発言する薄い言葉に気づいています。
底上げのメンバー皆さんは「本音」で若者にぶつかっているのが、活動を見ていると本当にわかります。
だから、若者たちも「本音」を返してくる。
本当に素晴らしい、活動を繰り広げているといつも悔しく感じ、負けないぞと石巻から背中を追っております。
これからもより、若者の「本音」にぶつかっていって、どんどん刺激をして気仙沼から高いところへジャンプしてってください。