底上げ ロゴ

2011年創業、東北を拠点に若者支援・
まちづくり事業・組織づくりをする認定NPO法人

成宮 崇史

NARUMIYA TAKAFUMI

立教大学コミュニティ福祉学科卒業。東日本大震災発生後、東京から宮城県気仙沼市にボランティアとして訪れ、2ヶ月半テント生活をしながら活動を行う。もっと気仙沼のために自分にもできることがあるのではと考えるようになり、そのまま移住を決意。気仙沼で出会った矢部、斉藤と共にNPO底上げを立ち上げる。中高生の探究的な学びのサポートやマイプロジェクトの推進を行いながら、市内の学びや対話の場づくりを通して世代問わず全ての市民がチャレンジし、応援し合う町の機運の醸成を目指して活動している。
気仙沼に移住して気付けばすでに10年以上、何のスキルもない若輩者だった自分にこんなにも多くの機会や役割を与え育ててくれた気仙沼には心から感謝しています。恩返し、というのはおこがましいかもしれませんが、感謝の気持ちをしっかりと形にして還元していけるようにこれからも継続して全力で活動していきたいと思います!

成宮のお知らせ

ブログ

気仙沼でなるさんに同行した6日間(中野皇子之底上書記10巻)

 こんにちは! 底上げの中野(おーじ)です。 昨年2023年の12月に、6日間、気仙沼で底上げ成宮(以下なるさん)の仕事に同行してきました。 その6日間の経験から、底上げの気仙沼での活動の一部と私の感じたことをお伝えでき [… …

ブログ

2024年 新年のご挨拶

【祝新年】新年あけましておめでとうございます! 底上げは各地で各々の新年を迎えております。 2024年、辰年。 本年もより一層笑いの絶えない時間を重ねたいと思います。 どうぞよろしくお願いいたします。 昨年、高校生が底上 [… …

お知らせ

底上げ!再認定!!!

日頃から、底上げの活動にご理解ご支援いただき誠にありがとうございます。 この度、NPO法人底上げは宮城県より特定非営利活動促進法第45条第一項により改めて「認定」として承認されたことをご報告いたします。 内閣府の調査(2 [… …

記事一覧を見る

取り組んでいる事業

気仙沼市教育事業

自分の思いに沿って実践と学びを重ねる
高校生たちのサポート

詳細はこちら

気仙沼まち大学運営協議会

対話・協働・共創による市民が主役のまちづくりの実現

詳細はこちら